よくある質問と答え

ヴォイストレーニングについて 歌い方について 声と身体について レッスンについて

ヴォイストレーニングについて

オンチは直るの?
安心してください!オンチ矯正方法もいろいろありますし、好きな音楽を聞き分けることのできるヒトであれば、音感もリズム感も感性も十分に備わっているということですから、あとは、歌う訓練に「慣れる」だけです。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:3へ
リズム感はよくなるの?
見たり聴いたり、さわったり嗅いだり、など、身体の外部からの情報を吸収する「知覚神経」と、脳の指令にしたがって身体を動かす「運動神経(反射神経を含む)」とは、神経線維すら違うそうです。歌う=身体を使うというトレーニングを繰り返し積み重ねていくことで、効果は必ずあがります。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:3へ
高音やシャウトでの「声の詰まり」をとるのには、どうすればいいでしょうか?
よく通る、大きな声ほど、喉を使うというよりも、息のコントロールが大切です。常にその点を意識してトレーニングします。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:3へ
歌った感じと録音した歌とは、なぜこんなに違うの?
喉で鳴った声は、本人の聴覚器官に届くまでにいろんなコースを辿ります。まっすぐに聴覚器官に飛び込む声もあれば、身体の他の部分を遠回りしたり、いったん空気中に出て耳の鼓膜から帰ってきたり。そんなふうに、少しカタチの変わってしまった遅れた音が「こだま」のような効果を生んで、自分に聞こえる自分の声はなめらかに聞こえるのだそうです。ですから、テープレコーダーに残った声が、ほかのヒトが聞いているアナタの声なんですネ。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ

歌い方について

カラオケをうまく歌うコツはありますか?
まず、歌詞の終わりまで丁寧に歌うことを心がけてください。息が多少苦しくなっても、歌詞の言葉を丁寧に残していくと、曲の輪郭がはっきりして上手に聞こえます。歌詞は暗記するのがベターです。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:4へ
声の立ち上げ方は?
急に大声を張り上げずに、ファルセット・ヴォイスやハミングなどから立ち上げていくのが一般的です。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ
歌の練習キーはどうやって選定するの?
原曲どおり!ではなく、歌うそのヒトでしか出せない「味の高さ」が必ずあるハズ。自分に自信を持ってジックリ選んでみませんか。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ
英語曲の歌い方のポイントを教えてください。
何と言っても「歌詞」が大切なポイント。辞書を引いてでも、その意味を理解しておくべきです。あとは、原曲をよく聴いて、言葉の繋がり方を聞き分けましょう
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ
歌うときのマイクの持ち方・歌い方は?
歌うヒトの声質やマイクの調整の仕方にもよりますが「口唇とマイクの距離や角度」を変えてみて、自分の好みを発見していきましょう。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ

声と身体について

生理期間中の声の調整は、いつもと変えたほうがいいの?
無理な発声練習を控えて、手首・足首からのウォーミングアップ・ストレッチと歌う曲の「イメージ確認」に集中しましょう。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ
歌うのに適した身体をつくりたい!
発声するための主な筋肉は、身体の中、腰椎の脇にあります。筋トレではなく、呼吸する・歌うことでこれらの筋肉はきたえられます。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ
本番前にとても緊張します。リラックスする方法は?
自由に身体を動かしてみましょう。あるいは、身体のいろんな部分にチカラを込めておいて、サッと脱力することも良いようです。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ
歌っていると、だんだん喉が苦しくなってくるのですが…。
歌っている基本姿勢をチェックしてみてください。息の通り道から目線・首のラインを修正するだけでもずいぶんと違うハズですヨ。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:2へ

レッスンについて

初心者です。歌うことが好きで趣味として歌を習いたいのですが、そのようなレベルでも大丈夫でしょうか?
初心者の方、大歓迎ですよ。オープンハウスには色々な目標を持った生徒さんがいます。あなたに合ったカリキュラムでレッスンしていきましょう。
楽器を弾いて歌えるようになりたいのですが、弾き語りも教えてもらえるのでしょうか?
弾き語りのレッスンも行っています。ギターやピアノなど、楽器のリズム練習と「歌と和音のバランス」を大事にトレーニングしていきます。
仲良しグループでトレーニングを受けたいのですが、複数でもレッスンが受けられますか?
大歓迎です。発声の基礎からコーラスの組み方まで、楽しくトレーニングしていきましょう。
風邪を引いたときの練習はどうすればよいですか?
歌えない時こそ、和音を聞き分ける練習をしたり、譜面を整理してみるなど「歌うための準備」に少しづつ慣れていきましょう。この他、いろいろな体調不良時の調整方法についてはブログで徐々に紹介していきます。
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:3へ
デビューへのキッカケを掴みたい!何をすればいいですか?
あらゆる音楽事務所やレコード会社は、常に「逸材」を探しています。アセらずにレッスンに励んで、シッカリとした個性のある結果をぶつけましょう!
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:6へ
オーディションに合格するには、レッスン以外にどんなことが必要ですか?
現在では、WEBや情報誌などで、オーディションの情報がかなり詳しく分かるようです。その課題を分析して充分な対策を立てて臨んでください。ただ、いろいろなオーディションを主催する側にも「企画」というものがあります。応募したヒトがどれほど魅力を持っていたとしても、その時のイメージに合わない場合には不採用とせざるをえません。
オーディションに応募する上で肝心なことは、応募者同士の情報交換や時代の流れのキャッチ、そして、その企画には合わなかったのだけれども「コンナ素敵な逸材がいた!」と関係者に記憶を残せるかどうかです。
みなさん、元気印で行きましょう!
もっとくわしく知りたい人は→カテゴリー:6へ
オープンハウス・ヴォーカルスクール
東京都目黒区目黒3-10-30 ミュージックレジデンス メグロ 2-A
TEL・FAX 03-5721-0267